忍者ブログ

面接で退職理由について問われたら? - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接で退職理由について問われたら?



■言ってはならない退職理由とは?

面接では退職理由を必ず面接担当者から質問されます。人間建前としては本当のことを言う
ことが美徳とされていますが、面接で本当のことをいっても評価されない場合があります。


退職理由など、まさにそれに当たります。ストレートに理由を言うのではなく、最終的には
「応募企業でなければ出来無いことを実現したい」といった前向きな回答につなげましょう。


そして、「職場の人間関係が悪い」、「上司と合わない」、「毎晩のよう残業しても残業代
がつかない」といった前職を批判するようなことは決して口にしてはなりません。




■前向きな回答が求められます!

応募者にとってどんなに正当な理由であったとしても、「人間関係」や「待遇面」に関する
問題については面接担当者に理解してもらうことは残念ながらできません。


むしろ、「自社でも同じ問題を抱え込むかもしれない」といった疑念を抱かれてしまいます。
もちろん、会社が倒産するなど、自分ではどうすることもできない問題は別です。


しかし、事実を述べるだけにとどめておきましょう!。「これをきっかけに応募企業でやり
たいことを実現したい!」といった前向きな姿勢をアピールしましょう!。




■出来るだけ分かりやすく説明する

また、業績不振による退社の場合、まるで他人ごとのように「倒産しそうなので辞めました」
という方がいます。このような回答では無責任な人と判断されてしまう可能性があります。


そうならないためにも、「業績不振が続く中、何とか業績を回復させようと限界まで努力しま
した」といった、ぎりぎりまで頑張ってきた姿勢をアピールする必要があります。


最後に短期間で退職した場合、面接担当者は自社に入社しても「すぐに辞めるかもしれない」
といった懸念を抱く可能性が高いです。そうならないためにも、きちんと退職理由を説明し、
応募企業では出来るだけ長く勤務して貢献したいといった思いをアピールしましょう!。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「リクナビAGENT」は業種別に転職コンサルタントが転職に関する
様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職