忍者ブログ

面接で自己PRするさいの注意点 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接で自己PRするさいの注意点



■同職種へ転職する場合の注意点

中途採用の場合、どのような実務能力があるのか具体的にPRする必要があります。残念ながら、
ただ「一生懸命がんばります!」というだけでは、面接担当者の興味を引くことはありません。


同職種へ転職する場合は、求人先が希望する人材に最も近い存在であることを証明するために、
これまでの経験と実績を説明し、入社後に即戦力となれる人材であることをアピールします。


そうしなければ 他のライバルに差をつけることはできません。当然のことながら嘘をつくこと
は絶対に許されませんが、多少色をつけるような表現であれ問題ありません!。



■未経験の職種へ転職する場合の注意点

未経験の職種へ転職する場合は、応募企業の求人情報から応募企業が希望する人材像をイメージ
したうえで、これまでの経験から生かせる点があるのであれば、しっかりアピールしましょう。


同時に仕事に対する姿勢をアピールすることで、面接担当者の興味を引くことが十分できます!。
経験がないからといって、卑屈になる必要は全くありません。かえって逆効果です。


これまで経験してきたことは必ず応募企業で役立てることができることを信じましょう。ただし、
面接担当者は「なぜ未経験の職種に転職するの?」という疑念を抱きますので、この点に関して、
誰もが納得できるような回答を用意する必要がありますので、時間をかけて探してください。



■勤務期間が短い場合の注意点

新卒で就職し、勤続3年未満の場合、勤務期間が短くても、既にビジネスマナーを心得ていますし、
それなりの経験を積んできているわけですから、可能な限り過去の実績をアピールしましょう。


成功体験や失敗から挽回した経験などを盛り込んで説明することによって、信憑性が高まります。
こうしたことは面接の場でしか伝えることができません。チャンスと思ってアピールしましょう。


ただし、謙虚な姿勢を崩してしまうと、ただの自慢話になってしまいます!。初対面の人間から
自慢話を聞かされるほど嫌なことはありませんので、十分注意してください!。



■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、面接で失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「リクナビAGENT」は、業種別に転職コンサルタントが転職に関する
様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職