忍者ブログ

面接で聞きづらいことを質問する方法 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接で聞きづらいことを質問する方法



■逆質問は慎重に!

面接が終盤に差し掛かっているにもかかわらず、依然として給与、労働条件などが不明
な場合は、応募者の方から面接担当者に逆質問して確認しなければなりません。


そして、問題はそのタイミングです。いきなり話を中断して質問するのは言語道断です。
やたらと条件にこだわる応募者と判断されてしまうと「OUT」です!。


面接の場で自ら評価を落とすような行為は控えましょう!。必ず面接担当者から「何か
質問がありますか?」と、質問を求められたときのみ、逆質問するようにして下さい。




■無理して質問しなくても良い!

給与や労働条件については、内定をもらった後にも確認できます。話の流れから、どう
しても質問出来なかった場合は、内定後に確認するようにして下さい。


そして、逆質問するさいの注意点についてですが、当然のことながら応募企業に対して
不信感を漂わしながら質問すれば、面接担当者に不快感を与えてしまいます。


これでは意味がありません。先に応募企業に入社したいという思いをアピールした上で、
逆質問するようにしてください。そうすることで不快感を与えずに逆質問できます。




■逆質問することのリスクとは?

面接当日に配属部署の責任者が面接担当者の場合、給与や待遇について質問するのは控え
ましょう。質問しても担当外ということで曖昧な答えしか返ってこない可能性があります。


直属の上司となる人だけに労働環境、仕事へのこだわりや苦労話などについて質問する方
がかえって好感されます。そのためにも事前に質問内容を検討しておきましょう。


逆質問の内容によっては面接担当者の応募者を見る目が変わるため、場の空気が一転する
可能性もあります。最悪不採用となる可能性があるだけに十分注意してください!。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「 リクナビAGENT 」は、業種別に転職コンサルタントが転職に
関する様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職