忍者ブログ

面接で注意すべき点とは? - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接で注意すべき点とは?



■面接で問われることとは?

書類選考に通ったら次はいよいよ「面接」です。面接で面接担当者は応募者と直接対面して
自社が求めている人材に見合っているか見極めますので、マッチングが非常に重要です。


まず応募者の履歴書や職務経歴書に書かれていることが事実であるか信憑性を確認するのと
同時に応募企業が求めている「実務能力」を備えているかチェックしていきます。


当然のことながら面接担当者から自社が求める人材ではないと判断されたら不採用となって
しまいます。限られた時間の中で最大限アピールするために幾つかのポイントがあります。




■受け身の姿勢ではダメ!

応募者は面接担当者からの質問に答えていくわけですが、この際に注意して頂きたいのが、
あたかも面接担当者が応募者の良い点を見つけてくれていると錯覚してしまうことです。


実際にはそんなことはありません。意識して職務経験や仕事にたいする意欲を自らアピール
しなければ、ただ面接担当者の質問に答えるだけとなってしまいます!。


原則的に面接で採否を決めるのは企業側です。しかし、無難にやり過ごそうと面接中あまり
にも受け身の姿勢で通してしまうと、全てにおいて消極的と判断されてしまいます。




■自己分析をしっかりと!

こうした選別されているという意識では採用される可能性は低いので、全てにおいて意欲的
な姿勢をアピールしましょう!。もちろん謙虚さを忘れてはなりません!。


そのためにも履歴書や職務経歴書を作成する段階で自己分析をしっかり行う必要があります。
そうしたうえで入社後にどのように貢献できるか面接の場で適切にアピールしましょう。


実は面接担当者が興味を持ってもらえそうな回答はすでに貴方の中にあります。それを引き
出すのも貴方次第なのです。そのためにも自己分析を怠らないでください!。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には細かいルールが沢山あります。採用担当者に興味を持ってもらうためにも転職サイト
を利用し、応募書類の作成から送付の仕方まで正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイトである「リクナビAGENT」では 業種別に転職コンサルタントが転職
に関する様々なことをナビゲートしてくれます。働きながら転職活動する方にピッタリです。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職