忍者ブログ

面接で将来的ビジョンについて述べるさいの注意点 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接で将来的ビジョンについて述べるさいの注意点



■なぜ将来的ビジョンを聞かれるのか?

中途採用の面接では将来のビジョンについて求められるケースが少なくありません。ビジョン
といっても長期的な目標について語れば良いだけなので、難しく考える必要はありません。


しかし、当然のことながら語る内容は5年後、10年後、20年後で異なりますので、頓珍漢な回答
にならないためにも、しっかり、面接担当者の質問の意図を把握しなければなりません。


応募企業に入社してから5年後、10年後、20年後にどうなっていたいのか?。応募者の将来的な
目標を聞き出すことによって、応募企業への忠誠心や仕事への姿勢が明らかになります。




■避けた方がよい表現とは?

よく将来的な目標を尋ねられると「独立したい!」という方がいますが、企業によっては独立
志向が強い人を敬遠するところもありますので、こうした発言には十分注意しましょう。


同じように自分本位の将来的なビジョンを語っても面接担当者は好意を持つことはありません。
こうした質問は応募者の応募企業に対する本気度を見極めるために行っているからです。


長期的な目標が無い人が仮に入社しても、すぐに挫折して退社してしまう可能性がありますが、
明確な目標がある人は、確実に前進し、目標を実現する可能性が高いと評価されます。




■面接担当者を不快にさせてしまう表現とは?

「ああなりたい」「こうなりたい」「ああしたい」と願望を語るのは良いのですが、面接担当者
との会話の中で、場の雰囲気をしっかり把握したうえで語る必要があります!。


例えば配属部署の責任者が面接に立ち会っている場で「将来は工場長になりたい!」と語るのは
控えてください。好感が持たれることはまずありません。人によっては不快感を示すでしょう。


きちんと応募企業が希望する人材像を把握するためにも、求人情報をしっかり読み込んだうえで、
自分にあてはまる部分を謙虚な姿勢を崩さずに、しっかりアピールする必要があります。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイトを
利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「リクナビAGENT」は業種別に転職コンサルタントが転職に関する
様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職