忍者ブログ

面接で好印象を与えるための方法 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接で好印象を与えるための方法



■回答が良いだけではダメな理由とは?

どんなに一生懸命頑張って面接対策を頑張っても、面接担当者に好印象を与えられなければ
残念ながら採用される可能性は低いでしょう!。これでは面接対策になっていません。


面接用に用意した回答内容を暗唱しているだけでは当然のことながら好印象を与えることは
出来ません。声のトーンですぐに覚えた回答を暗唱していると見透かされてしまいます。


また語尾が弱ければ回答に自信がないと取られてしまいますので、面接では必ずしも耳障り
の良い回答をすれば好印象を与えることができるというわけではないのです。




■好印象を与えるには?

面接では回答と応募者が与える印象が採否を決めるうえで大きなポイントとなりますので、
面接対策として事前に良い回答を用意するだけでは不十分で、プラスアルファが必要です


プラスアルファとは好印象を与える面接での立ち振る舞い方です。姿勢、表情、発生を意識
するだけでもそれなりの効果がありますが、面接本番では緊張するので難しいです。


ですので、どうしてもそれなりのトレーニングが必要です。まずは姿勢です。普段から背筋
を意識して伸ばしてください。鏡を見ながら自分なりに一番よい姿勢に調整します。




■好印象を与えるためのトレーニング

お辞儀する際には背筋は丸めずに背中をしっかり伸ばしたまま35度体を折り曲げます。再び
背筋を伸ばし、ゆっくり椅子に腰かけます。背筋を伸ばして顔は正面を見ます。


次に表情と発声です。口角を上げることによって快活な表情を維持できます。口角を上げる
には普段から話すときは意識して口を動かすようにしてください。また、喋らないときには
口は常に閉じた状態を維持します。こうすることで口の周りの筋肉が発達します。


最後に発生については「アイウエオ」を腹筋に力をいれながら、はっきり発声します。面接
での第一声となる「失礼します」と「○○と申します。本日はよろしくお願いします」を、
課題として発声トレーニングを積んで下さい。これで最初に躓く可能性が大幅に減ります。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には細かいルールが沢山あります。採用担当者に興味を持ってもらうためにも転職サイト
を利用し、応募書類の作成から送付の仕方まで正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイトである「リクナビAGENT」では 業種別に転職コンサルタントが転職
に関する様々なことをナビゲートしてくれます。働きながら転職活動する方にピッタリです。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職