忍者ブログ

質問することで好印象を与える方法 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

質問することで好印象を与える方法



■逆質問で本気度をアピール!

応募企業へ入社したいという思いを面接の場で表現するために色々な方法がありますが、
その一つに「逆質問」があります。もしかすると意外に思われるかもしれませんね。


面接の場で逆質問するというのは、聞きづらいことを聞くイメージがあるかと思います。
しかし、質問の仕方一つで逆質問が大きなアピール材料となります!。


面接担当者も応募者から受ける逆質問から、 「応募者がどの程度本気で応募企業へ入社
したいと考えているのか?」。また、「仕事に対する意欲」などを見極めようとします。




■効果的に質問するには?

面接担当者のこうした思惑をつくためにも、「応募企業へに是が非でも入社したいので、
あえて質問する」といった姿勢で逆質問をぶつけることで好印象を与えます。


例えば応募企業の実際の定着率や労働環境について不安があるので、あえて質問すること
により、不安を解消しようとする姿勢は、まったく面接担当者から評価されません!。


先に応募企業で入社した後にこれまでの経験を生かして貢献したいという思いをアピール
したうえで質問すると面接担当者の応募者に対する印象が良くなるので効果的です。




■ライバルに差をつけるには?

逆質問で面接担当者に好印象を与えるためには、応募企業とその業界について調べる必要
があります。ホームページで確認できることを面接の場で質問しても意味がありません。


「全然調べてないな」ということで不採用の烙印を押されるのは間違いありません。そう
ならないためにも、徹底的に調べてください。これだけでライバルに差をつけれます。


逆質問のタイミングは面接終盤なので、終わり良ければ総て良しではありませが、ここで
好印象を与えることができれば、内定を得られる確率は一気に高まります!。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「 リクナビAGENT 」は、業種別に転職コンサルタントが転職に
関する様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職