忍者ブログ

答えにくい質問を受けた場合の対処法 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

答えにくい質問を受けた場合の対処法



■プライベートな質問された場合の対処法

圧迫面接とはいはないまでも、面接担当者は、応募者が長期間にわたって勤務する意志が
あるのか確認するために、あえて答えにくい質問をぶつけてくる場合があります。


結婚、出産、マンション購入、借金などといったことは、本来プライベートなことなので、
質問してはいけないのですが、質問された場合は冷静に対処する必要があります。


面接担当者が興味本位で聞いているのであれば回答する必要はありません。むしろ、そう
した社員がいる会社へ入社することは問題なので検討しなければなりません!。




■曖昧な回答が許されない場合とは?

しかし、結婚や出産など仮に答えにくい質問ではあっても、面接担当者との会話から採用
したいという思いが感じられるのであれば、答えられる範囲内で答えて下さい。


そして、結婚後も出来るだけ長く勤務したいと、仕事に対する意欲を示して下さい。また、
結婚の予定がありながら、「将来的なことは分からない」といった回答ではだめです。


他にも沢山の応募者がいる中で応募企業で是が非でも働きたいという、強い思いを示さな
ければ採用される可能性は低いので、こういった曖昧な回答では厳しいです。




■逆に質問するのも一つの手!

子供の予定について質問されることも少なくありません。子供が出来ても出来るだけ長く
勤務したいと回答するだけで十分です。しかし、転職した後に結婚・出産となると家族が
増えるわけですから色々な面で大変です。独身時代のように身軽に動けません。


会社によっては、賃金が低すぎるため、20代の独身者しかいないといった笑えないケース
もありますので、もしプライベートな質問を受けたら、結婚されて子供がいる社員はどれ
くらいいるのか、逆に面接担当者に質問してみましょう!。


あまりにも少なすぎるのであれば、上述したような問題があるかもしれません。入社して
から事実を知り、また転職するといったことにならないためにも重要です。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「リクナビAGENT」は業種別に転職コンサルタントが転職に関する
様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職