忍者ブログ

短期間でやめた場合の対処法 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

短期間でやめた場合の対処法



■短期間でやめた応募者に対する懸念

短期間で辞めてしまった場合は退職理由が厳しく問われます。採用担当者の「入社しても
すぐに辞めるかもしれない」といった懸念をどうしても払拭できないからです。


ここで注意したいのが、自分に非がないことを強調したいがばかりに前の会社を批判して
しまいがちですが、これはマイナス評価となりますので、絶対に控えてください。


理由は色々ありますが、例えば入社前に希望していた職種とは違う職種の部署に配置され
てしまったのであれば、本当にやりたことをやるために転職したことを伝えましょう。




■労働環境が問題でやめた場合は?

そして、「残業が多い」「休日出勤が多い」といった労働環境が良くなかったために転職
を決意したのであれば、前の会社の批判ではなく、辞めた理由をしっかり伝えましょう。


いくら正当な理由があるといっても、面接担当者は応募者の一方的な意見に耳を貸しては
くれません。ですので、退職した理由は最低限の説明にとどめてください。


また、入社前に確認しなかった自分にも非があることを伝えれば、批判とは取られません。
そうしたうえで応募企業に関連づけて仕事への意欲を最大限アピールしましょう!。




■健康上の理由でやめた場合は?

採用する側は、採用ミスを恐れていますので、理由はなんであれ短期間で前の会社を辞めて
しまったことに対する面接担当者の疑念を払拭するのは簡単ではありません。


しっかり今後は長期間勤務する姿勢を示してください。最後に健康上の理由で退職すること
になった場合は、現在は健康であり、仕事を行う上で全く問題ないことが条件です。


また、短期間で辞めてしまったことを気にしすぎると、全てにおいて消極的になってしまい
ますので、過去は過去として、しっかり反省し、これからは強い気持ちで挽回しましょう。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「リクナビAGENT」は業種別に転職コンサルタントが転職に関する
様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職