忍者ブログ

ブランク期間が長い場合の対処法 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

ブランク期間が長い場合の対処法



■ブランク期間の長い応募者に対する懸念

ようやく日本経済が回復傾向に入りましたが、まだ入口に入っただけで依然として景気は
低迷したままです。そうした状況ですから、勤めていた会社の経営が悪化したことにより、
リストラされることとなり、再就職が難航されてる方がたくさんいます。


長期間にわたって再就職先が決まらないと、ブランク期間がその分長くなってしまいます。
当然のことながら中途採用の面接では必ずブランク期間について質問されます。


面接担当者がブランク期間の長い応募者に対して懸念するのは主に以下の通りです。



■仕事感が鈍っているのではないか?

■何か問題があるから長期間就職できなかったのではないか?

■本当は他の理由でリストラされたのではないか?




■誤魔化さずに正直に説明する!

ブランク期間が長ければ長いほど、できるだけ短くなるように誤魔化そうとします。しかし、
これはかえって不信感を抱かれるだけなので、絶対に止めて下さい。正直に話しましょう。


何か特別な資格を取得するためにブランクが長期化してしまった場合、面接担当者は「資格
を取得したらすぐに辞めるのではないか?」と疑念を抱く可能性が高いです。


ですので資格取得を断念して仕事に専念することにしたと必ず告げてください。また、これ
まで勉強してきたことが応募企業で役立てることが出来るのであればアピールしましょう。




■病気やケガでブランク期間が生じた場合は?

病気やケガで長期間療養しなければならなかったため、長期間のブランクが生じてしまった
場合、採用担当者は業務に支障をきたすのではないかと懸念する可能性が高いです。


ですので、仕事には差し支えないことを必ず説明してください。もし、月に何回か通院しな
ければならないようでしたら、隠さずにその点についても必ず説明して下さい。


面接担当者は採用ミスを恐れていますので、疑念を抱かれないようにするためにも、先回り
してブランク期間によるマイナス点について説明しましょう!。そしたうえで、これまでの
経験を生かして応募企業で発揮できる実務能力や仕事への意欲をアピールしましょう!。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「リクナビAGENT」は業種別に転職コンサルタントが転職に関する
様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職