忍者ブログ

圧迫面接に遭遇した場合の対処法 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

圧迫面接に遭遇した場合の対処法



■なぜ厳しい質問をするのか?

一通り定番質問が終わったところで、面接担当者は応募者についてもっと深く知るために、
あえて応募者が答えにくい質問を仕掛けてくることが少なからずあります!。


あまりにも度が過ぎると「圧迫面接」なりますが、 たとえ厳しい質問を投げかけられたと
しても、怒ったり、回答を拒否することなく、冷静に対処する必要があります。


面接担当者は、こうした厳しい質問 を投げかけてくる背景には採用したい思いがあるから
です。そのために応募者に対する不安要因を打ち消すために行っているわけです。




■我慢できるところは我慢する!

しかし、そうはいっても、答えにくい質問をされたら動揺してしまいます。戸惑うだけなら
良いのですが、先にのべた通り、応募者が実際に怒ってしまうケースも少なくありません。


質問に答えることを拒絶したり、無断で退席したりすれば採用される可能性は消滅します!。
「そこまでして入社したくない!」と思われるかもしれませんが、それは違います。


すでに社会経験がある皆様は、社会に出れば理不尽なことが山のようにあることをご存じか
と思います。いちいち腹を立ててたら心も体も持ちません!。会社に入ってからも理不尽な
ことは少なからずあるわけですから、怒りに身を任せるような行動は慎んでください。




■面接を辞退すべきポイントとは?

答えにくい質問の中でも最も答えにくいのがプライベートに関することです!。本来仕事に
関係のないことは聞いてはいけないのですが、面接担当者によっては聞いてきます。


結婚や出産について訊ねてくる背景には入社後に支障なく働くことが出来るのか、その確認
のために行われます。この場合は答えられる範囲内で答えるようにしましょう!。


ただし、明らかに面接担当者の個人的な興味から聞いてくるような下世話な質問に関しては、
無理に回答する必要はありません。これはおかしいと思ったなら、辞退することもできます。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「リクナビAGENT」は業種別に転職コンサルタントが転職に関する
様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職