忍者ブログ

退職願の書き方および提出の仕方 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

退職願の書き方および提出の仕方



■円満退職するには?

退職するにあたっての注意点ですが、必ず就業規則を確認するようにして下さい。円満に
退職するためにも就業規則に記載されている内容に従って退職を進めなくてはなりません。


ネットで調べたら「 2週間前に退職願いを出せば良い 」と書かれていたからといっても、
その通り進めるのはNGです。必ず就業規則に従わなければなりません!。


もし就業規則に「1ヵ月前までに退職を申し出ること」と書かれていたら必ずこれに従い、
直属の上司に退職したい意志を伝え、具体的な退職日を決め、退職願を提出します。




■退職のさいにやってはいけないこと

基本的に退職願の宛名は社長ですが、退職願いの提出先は社長ではありません。必ず直属
の上司に提出しなければなりません。何でもないようなことですが、トラブルが多いです。


直属の上司が嫌いだからといって、直属の上司を飛び越えて他の上司や社長に直接退職願
を提出し、退職間際に揉めるケースが実際に少なくありません。絶対に止めてください。


そして、いくら職場の人間関係が良くなかったからといっても、わざと他の従業員に迷惑
をかけるに退職される方も多いのですが、こうした場合転職先でも上手くいきません!。




■退職願いと退職届の違いについて

「退職願」と「退職届」の違いについてですが、基本的に前者が一身上の都合で退職する
のに対し、後者は会社都合によって退職する場合に用いられますので注意してください。


基本的に退職願は、会社側にお伺いをたてて、認められたうえで初めて退職が成立します。
つまり、退職願を出したあとでも、退職を取りやめることも十分可能です。


しかし、退職届は決定事項であるため、撤回は認められません。なお退職願はB5の白地の
用紙に、万年筆、ボールペンなどで記入します。書式は横書きではなく、縦書きです。
具体的な内容は書かずに、一身上の都合と書き、封筒の表に退職願と書きます。





■転職活動は転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「 リクナビAGENT 」は、業種別に転職コンサルタントが転職に
関する様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職