忍者ブログ

派遣社員から正社員として転職する場合の注意点について - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

派遣社員から正社員として転職する場合の注意点について



■派遣社員として培った実務能力をアピール!

職務経験が派遣社員だけの応募者が正社員として転職する場合、これまで派遣先で培った
短期間で戦力として働かなければならない順応性の高さと実務能力をアピールします!。


派遣社員は契約期間内に職場で与えられた仕事をこなさなければならないため、ある一定
の範囲内では正社員よりも高い実務能力を身につけている方が少なくありません。


しかも、職場を転々として短期間で職場での良好な人間関係を構築し、戦力として働かな
ければならないので、こうした順応性の高さは十分アピール材料になります!。




■正社員としての職務経験がないことを気にしすぎない!

正社員として働いた経験がないことをあまり気にする必要はありません。気にしすぎると、
転職活動するうえで積極的に動けなくなるため障害になります。前向きに考えましょう。


中途採用で募集をかける企業の採用担当者は、実務能力だけでなく、しっかり組織の一員
として自社で働くことができるか確認するために会社への帰属意識を見極めます。


派遣社員の場合は、契約期間が終了すれば職場を移動しなければならないので、この点が
疑問視されますので、採用担当者に疑念を持たれないようにしなければなりません。




■入社後のキャリアプランをアピール!

まず 応募企業が求める人材像と実務能力を求人情報からしっかり把握した上で、これまで
派遣社員として培った実務能力と合致する部分を強調してアピールします!。


そうしたうえで勤務条件に問題がないことと、 会社が繁栄するために自分が出来ることを
頑張る姿勢を示し、応募企業だからこそ、そうした強い思いがあることをアピールします。


そして入社後のキャリアプランを具体的に説明することで、採用担当者に貴方が入社したら
こうなるという、具体的なイメージをアピールすることができます!。




■派遣社員から正社員へ転職するなら転職サイトを利用しよう!

派遣社員から正社員として転職を成功させるには質の高い「求人情報」だけではダメなんです。
アドバイスしてくれる存在が不可欠です。リクナビAGENTでは、 業種別に転職コンサルタント
が、しっかりとナビゲートしてくれます。働きながら転職活動する方にピッタリです!。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職