忍者ブログ

採用担当者の貴方に対する疑問や不安を払しょくする方法とは? - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

採用担当者の貴方に対する疑問や不安を払しょくする方法とは?



■未経験職に転職する場合


未経験の職種に転職活動するにあたってネックとなるのが、仕事を覚えるまでに相当な時間
がかかることです。企業側からすると色々な点で大きな負担となります。


全ての会社が社内研修などの教育体制が整っているわけではありません。場合によっては、
右も左もわからない状態で職場に配置され、いきなり仕事を命じられることもあります。


この場合「教えてもらう」という姿勢では務まりません。短期間で戦力となる努力が必要です。
こうした点を理解したうえで、自己PRや志望動機でしっかりアピールしなければなりません。




■同じ職種に転職する場合


次に前職と同じ職種に転職する場合についてですが、採用担当者はまず「前職で何か問題でも
あったのか?」疑問を抱きます。そう思わせないようにアピールしなければなりません。


具体的には前職で実現できなかったことを応募企業では可能であることを明確にするために、
その裏付けを整理してまとめます。ですので、応募企業に関する情報を徹底的に調べましょう。


また職種は同じだけれども業界が違いケースでは、その業界に対する思いをしっかり志望動機
でアピールしなければなりません。単なる業界に対する憧れだけではだめです。


その業界で働けるために具体的にどのような努力を積んできたかアピールしてください!。




■職務経験が短く転職が多い場合


最後に職務経験(3年未満)が短いケースでの転職についてですが、採用担当者は、まず飽き
っぽい性格であると一方的に決めつけようとします。これが大きな壁になります!。


採用しても、すぐにやめられたら採用担当者の採用ミスとなります。当然のことながら職場も
混乱するので責任を問われることになりますので、慎重にならざるえません。


こうした場合は前職では実現できないことが、応募企業では実現できることを説明し、今後は
出来るだけ長く勤務する姿勢と意志があることをしっかりアピールします!。




■転職サイトで最高の自己PR術を学びましょう!


未経験の職種への転職を成功させるには質の高い「求人情報」だけではダメなんです。客観的
にアドバイスしてくれる存在が不可欠です!。 リクナビAGENTでは、 業種別に転職コンサル
タントが、しっかりとナビゲートしてくれます。働きながら転職活動する方にピッタリです!。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職