忍者ブログ

SPIの仕組みとテストの特徴について - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

SPIの仕組みとテストの特徴について


企業側の適正に合った人材を採用するためのシステムが年々多様化しています。SPIを
ご存知でしょうか?。SPIは総合適性検査 (Synthetic Personality Inventory)のことです。
リクルートが独自に開発した試験で、昨今注目を集めています。



企業側としては、取りこぼしが無いように、できるだけ多くの就職希望者の応募を受けたい
とする考えはあっても、現実問題として応募者全員を面接することはできません。



ですので、どうしてもエントリーする前の段階で絞込みを行わなければならないのです。
そのために就職活動を行う学生の方々は様々なハードルをクリアしなければなりません。



実際のSPIの中身についてですが、基本的には筆記試験が中心となっています。試験の
中身については概ね以下の通りになります。


<言語能力>

日常的に使われる言葉の表現力や文章力を中心に言語の理解力を測ります。



<非言語能力>

実際に職場に配置されてから適切に業務をこなす為に必要と
される数量的処理能力を測ります。



<性格適性>


職場での業務に対する適応能力を測ります。



上述したようなことを各企業が求める能力に合わせるためにテストが作成されているわけ
ですが、基本的なテストの内容自体は中学校程度の問題が中心となっています。



こういったテストだけで、人間の適正を測るというのは疑問が生じますが、時間とコスト
無限ではないので残念ながら仕方がありません。ポジティブな気持ちで挑むべきです。

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職