忍者ブログ

面接で職務経験について問われたら? - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接で職務経験について問われたら?



■職務経歴書を読み上げるだけではダメ!

面接では必ず職務経験について質問されます。応募者の中には職務経歴書に書かれている
ことを、まるで暗唱するかのように読み上げる方が少なくありません!。


残念ながらこれでは採用担当者の興味を引くことは到底できません。なぜなら採用担当者
は職務経歴書に記載されていることを確かめるべく質問しているからです。


にもかかわらず、職務経歴書に書かれていることと同じことを繰り返し、肝心要の裏付け
となる答えが返ってこないのであれば面接している意味がありません!。




■印象に残る回答とは?

職務経験について質問されたら職務経歴書を作成したさいに分析した「応募企業が求めて
いる実務能力」をすでに身につけていることを強調しながら説明してください!。


そうすることによって、面接担当者は入社後に短期間で戦力として貢献してくれることを
イメージしやすいので、その他大勢の中に埋もれることなく、強く印象に残ります。


基本的に面接では応募者がいかに優れた人材であるかをアピールするのではなく、いかに
応募企業が求める人材に近い存在であるかをアピールする必要があります。




■アピールすべき点とは?

同職種へ転職する場合「なぜ転職するの?」と面接担当者は当然のことながら疑問に思い
ますので、この点をクリアにするためにきちんと説明する必要があります!。


未経験の職種へ転職する場合、仮に応募企業が求める実務能力や経験が現時点で無くても、
前職で培ったスキルで応用できる部分があれば、強調してアピールしましょう!。


また、職務経験が3年未満と短い場合も、すでにビジネスマナーは身につけているわけです
から、この点を必ずアピールしましょう。仕事に対する前向きな姿勢と積極的にコミュニ
ケーションを取る姿勢をアピールできれば大きなインパクトを残すことができます!。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「リクナビAGENT」は業種別に転職コンサルタントが転職に関する
様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職