忍者ブログ

面接での定番質問にはこう答える - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接での定番質問にはこう答える



■最初の会話で面接が決まります

面接は30分程度です。最初の5分が勝負といっても過言ではありません。面接担当者と
対面し、挨拶を交わして面接に入る前の会話で応募者の印象が決まってしまいます。


ですので、面接には関係ない何気ない会話であっても「はい」「いいえ」だけでなく、
しっかり会話をしてください。そうしなければ面接担当者の印象には残りません!。


こうした何気ない会話が普通にできるかも、「組織で問題なく働くことができるか?」
が問われています。無理に気負わずに普段どおりに話してみましょう!。




■回答例の暗唱はNG!

まず、職務経験、退職理由、志望動機とった定番質問が行われます。定番質問の回答例
をそのまま暗唱するように答える方が少なくありません。これでは印象が薄いです。


他の応募者よりも強いインパクトを残さなければならないわけですから、ただ回答例を
丸暗記するのではなく、いくつかのポイントを抑えて自分の言葉で答えましょう!。


無理して回答例の長い文章を覚えなくても、定番質問のポイントを要所要所をしっかり
抑えておけば、本番の面接でも忘れることなく答えることが出来ます!。




■定番質問にはこう答える

職務経験について説明するときは、ただこれまで経験したことを長々と喋るのではなく、
応募企業で生かせる職務を強調しながら説明しなければなりません!。


次に退職理由についてですが、前職を批判するようなネガティブな回答は自分の評価を
自ら落とすだけなので、控えましょう。「応募企業で実現できることをやるために転職
することを決意しました」といった前向きな回答が好まれます!。


そして、志望動機と自己PRについては職務経験とからめて回答したほうが説得力が増し
ます。できるだけ短くまとめて(30秒程度が理想)答えるようにしてください。


出来るだけ面接担当者が質問しやすいようにするためにも簡潔にまとめましょう。質問
が多いということは、好印象を持たれていると判断することができます。会話が弾んで
いる状態は非常に好ましいので、質問しやすい雰囲気づくりも大切です。




■面接対策も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山あります。失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト 「リクナビAGENT」は業種別に転職コンサルタントが転職に
関する様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>




PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職