忍者ブログ

隠したい職歴は隠すべきか? - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

隠したい職歴は隠すべきか?



■隠したい職歴とは?

履歴書や職務経歴書に記入されていることは全て真実であることが求められますので、偽りの
職歴を記入すると詐称したと判断され、場合によっては解雇の対象になります。


しかし記載したくない職歴が一つ二つあってもおかしくないほど労働環境が悪化しているのも
事実です。とくに景気が悪化しているときにはブラック企業が連動して増える傾向にあります。

入社当日から過酷な環境で働かされ、数日で辞職してしまうといったことも珍しくありません。
こうした記載したくない職歴を正しく記入する・記入しないは、応募者の判断に委ねられます。




■面接で指摘されたらこうする!

ですので、記載したくない職歴は記載しないか、簡単に記載すれば問題はありません。しかし、
前職を退職した後に短期間で辞職した会社があると、書類上はブランク期間が生じます。


面接で面接官に問われても、きちんと理由を説明できれば問題ありませんが、逆に誤解を与え
てしまうようなことになれば問題です。偽りの回答をすれば職歴詐称になってしまいます。


ですので、基本的には、例え短期間であっても勤務したのであれば全て職歴として記載すべき
です。もし、隠したい職歴を記載しなかったことで、面接の場で指摘された場合は、短期間で
退職してしまったので、あえて記載しなかったと答えましょう。




■記載しないと後々問題に!

面接でブランク期間について何も問われずに無事内定をもらったらもらったで問題が生じます。
「入社後に隠したことがバレたらどうしよう」と悩む方が実際に少なくありません。


例え短期間で退職しても、雇用保険や社会保険に加入してしまった場合は入社後に判明します
ので、こうした点を考えても最初から隠さずに記載することをおススメします。


何を聞かれても、きちんと説明できるのであれば良いのですが、そうではなく、後先のことを
考えずに採用されたいがために隠してしまうと、大なり小なり問題になるので注意しましょう。




■応募書類の作成も転職サイトを利用しよう!

応募書類の作成には細かいルールが沢山あります。採用担当者を唸らせるためにも転職サイトを
利用し、応募書類の作成から送付の仕方まで正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイトである「リクナビAGENT」では、 業種別に転職コンサルタントが転職
に関する様々なことをナビゲートしてくれます。働きながら転職活動する方にピッタリです!。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職