忍者ブログ

退職後にあいさつ状を忘れずに送付する - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

退職後にあいさつ状を忘れずに送付する



■あいさつ状を作成する!

退職願いが会社側に受理され、所属していた部署での引継ぎなどが終りましたら、退職
する日を迎えるばかりですが、必ず「あいさつ状」を作成してください。


あいさつ状は、ただこれまでお世話になった気持ちを伝えるだけのものではありません。
転職先を伝えれば、今後も仕事上のパートナーとしての可能性を示すことができます。


「退職後に何か問題が生じて分からない場合は、いつでも連絡してくださいね」と言わ
れて嫌な人はいません。むしろ安心して業務に取り組むことができます。

【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」




■メールで送付する場合の注意点

あいさつ状を社内メールで済ませる方が少なくありません。しかし 会社によっては私用
メールを厳しく禁じているところも多いので、問題とならないよう十分注意して下さい。


メールの内容についてですが、絶対に会社の批判や退職理由を事細かに書き連ねるような
ことは控えてください。仮に本当のことであっても、慎まなければなりません。


これは取引先へのメールも同様です。親密な取引先の場合、メールで済ませるのではなく、
直接訪問するなり、電話するなりして直接感謝の気持ちを伝えるべきです。




■退職願いと退職届の違いについて

転職先が同業種である場合、あいさつ状をこれまで懇意にしていた顧客に送付することで、
転職先企業へと誘導するような行為はマナー違反でですので、絶対に控えてください。


あいさつ状は基本的に、退職するにあたり、これまでお世話になったことへの感謝の気持
ちと、今後とも変わらぬお付き合いをお願いするだけにとどめてください。


勤務年数が長ければ長い程、お世話になった人は多いわけですから、全ての人に挨拶する
ことは不可能ですが、できるだけ早くあいさつ状を送付されることをおススメします。


就職 転職活動はリクナビAGENT >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職