忍者ブログ

証明写真の上手な撮り方について - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

証明写真の上手な撮り方について



【PR】 年収UPが狙える今が転職のチャンス!


実際に就職活動を行うにあたって、企業側に自身の履歴書を
提出しなければならないわけですが、当然のことながら履歴
書には証明写真を貼らなければなりません。


また、この証明写真は、適当に撮ってそのまま履歴書に貼れ
ばそれで終わりというわけにはいきません。


なぜなら履歴書の証明写真は最終面接まで使用されるわけ
ですし、実際に面接を担当しない上役なども履歴書を見てい
るんですから適当でいいというわけにはいきません。


履歴書ようの証明写真は、ある意味その人の分身ともいえる
わけですから、しっかり良い写真を撮りたいところです。


ですので今回は、就職活動における証明写真の注意しなけれ
ばならない点を簡単に解説させて頂きたいと思います。


まず最初に白黒かカラー写真のどちらが良いか悩まれるか
もしれませんですが、基本的にどちらでも問題ありません。


今現在、圧倒的にカラーを利用する人が多いのですが、人
によっては白黒写真の方が平均して良い写真が多いと思わ
れている方も少なくないように思います。

絶対やってはいけない!負ける面接100



そして、カラー写真の撮影についてですが、やはり背景色に
よって印象が大きく変わります。


この時もし背景に青を使用することで、明るく元気な雰囲気に
なりますし、反対にグレーを使用することによって顔の輪郭が
はっきりする上に、落ち着いた雰囲気になります。


意外に思われるかもしれませんが今現在、履歴書用の写真
にはグレーを使用する人のほうが多いのだそうです。


そして、次に写真の表情についてが、注意しなければならない
点として証明写真は真面目な表情で撮影したものしか認めら
れないと考えられているようです。


しかし、実際は逆で、常に笑顔で過ごすこが望ましいとされて
いるので、是非鏡の前で笑顔を作ってください。


ポイントとしては口角を広げずに上方へ上げるようにすること
によって良い笑顔ができるのです。


また、目は常に意識して大きく開きながら、カメラに目線を合
わせ、アゴを少し引くことで、自然に目が大きくなるのです。


そして、実際に撮影する際には、カメラから目線がずれてしま
わないように注意する必要があります。

できるだけ爽やかな写真撮ることを心がけてください。


【PR】 「嫌いな上司にサヨナラしたい?」 今がチャンス!







PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職