忍者ブログ

採用担当者を唸らせる志望動機を記入するには? - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

採用担当者を唸らせる志望動機を記入するには?



■履歴書にも志望動機が必要?

言うまでもなく 志望動機は重要です。求人企業の採用担当者も応募者の仕事に対する意識
や人物像を読み取るため志望動機に書かれていることを、しっかり確認します。


基本的に志望動機は履歴書に記入しますので、職務経歴書に必ず記入しなければならない
というわけではありません。しかし、一つのアクセントとして書き添えることが重要です。


そうすることによって、応募者の一人として貴方の仕事や求人企業に対する思いをより効果的
にアピールすることができます!。他の応募者に差をつける意味でも必ず記入しましょう!。




■志望動機でアピールすべき点とは?

志望動機は履歴書と職務経歴書と分けて記入しなければなりません。同じ文章をコピペでも
しようものなら逆に仕事に対する意識を疑われることになりますので注意して下さい!。


理想としては、履歴書では志望動機を簡潔にまとめ、職務経歴書には詳しい内容を記入する
ことです。ただし、「貴社で働きたい」という思いを書き連ねても意味がありません。


求人企業のことを出来るだけ詳しく調べましょう。業績、社風、経営体質だけでなく、提供して
いるサービスや商品の優位性を裏付ける物があれば、それらを応募した一つの理由とします。
そして、「そうした環境の中で自分自身の力を最大限はっきしたい」とアピールしましょう!。




■ブレない志望動機とは?

採用担当者を唸らせるためにも、しっかり求人情報を読み込み、求人企業が求めている人材
像を明確にする必要があります。これがブレてしまうと頓珍漢な志望動機となります。


求人企業が求める人材像を理解したうえで、応募者の一人である貴方が、なぜ自分が求めら
れえいる人材像に合っているのか、しっかり文章で説明すれば良いわけです。


その上で志望動機を書く構成にすれば、より志望動機が引き立つので、仮に応募者が多くても、
採用担当者の目に止まりやすいでしょう。しっかりアピールして、思いっきり目立ちましょう!。




■転職サイトなら職務経歴書の作成もばっちり!

未経験の職種への転職を成功させるには質の高い「求人情報」だけではダメなんです。客観的
にアドバイスしてくれる存在が不可欠です!。 リクナビAGENTでは、 業種別に転職コンサル
タントが、しっかりとナビゲートしてくれます。働きながら転職活動する方にピッタリです!。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職