忍者ブログ

採用担当者は職務経験が長い応募者をこう評価します! - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

採用担当者は職務経験が長い応募者をこう評価します!



■なぜ転職しなければならないのか?

職務経験が長いということは色々な面で転職するさいにプラスになります。長い期間一つの
仕事に従事することで専門性の高い知識やスキル身につけることができます。


ですので、この点をしっかりアピールしましょう!。しかし、職務経験が長いということは、
長い期間勤務しているわけですから、社内でのポジションもそれなりに高いはずです。


それなのに会社を辞めるというリスクを犯してまで転職することに対し、採用担当者は疑問
に思うことでしょう。ですので退職を迫られた理由をきちんと説明しなければなりません。




■職務経験が長い応募者の懸念材料とは?

そして、志望動機として具体的に応募企業でこれまでの経験やスキルを生かしてどういった
ことをやりたいのかしっかり記入します。しかし、これだけでは不十分です!。


なぜなら職務経験が長いと退職理由に関係なく前職への思い入れが強すぎることから入社
しても気持ちの切り替えが上手くできないケースが少なくないからです!。


どんなに優秀な人材であっても新しい職場では新人です。前職と同じように振る舞うことは
できません。色々な人たちに気を使わなければならないので、強いストレスを感じます。




■職務経験が長い応募者はここをアピール!

新しい職場には前職にはないルールがあります。新職場のルールに従って仕事を進めなけれ
ばならないわけですが、それまでのやり方を否定されたと感じる場合もあるかもしれません。


そうなるとプライドを傷つけられたと感じる方も少なくありません。そうなると職場で衝突
する場合もあるので、こういったことが採用担当者の懸念材料でもあります。


ですので、新しいことにチャレンジする姿勢が大切です。できるだけ早く応募企業の職場に
馴染み、短期間で戦力となって貢献する意欲があることをアピールしなければなりません。




■短期間で転職するなら転職サイトを利用しよう!

未経験の職種への転職を成功させるには質の高い「求人情報」だけではダメなんです。客観的
にアドバイスしてくれる存在が不可欠です!。 リクナビAGENTでは、 業種別に転職コンサル
タントが、しっかりとナビゲートしてくれます。働きながら転職活動する方にピッタリです!。


リクナビAGENTの公式サイト >>



PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職