忍者ブログ

内定を保留・辞退する場合の対処法 - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

内定を保留・辞退する場合の対処法



■基本的に保留はNG!

複数の会社の採用試験をほぼ同時期に受けた結果、ある1社から先に内定を頂いたにも
かかわらず、保留・辞退せざるえない状況を迎えてしまう可能性があります。


基本的にそうした場合、保留することは難しいです。ダメ元で交渉するしかありません。
家庭の事情など特別な理由があるのであれば、その事情をしっかり説明してください。


ただ単に第一希望の会社からの返事を待つためでしたら、1~2日であれば問題ありませ
んが、1週間以上となれば内定を取り消されることを覚悟してください。




■内定を辞退するリスクとは?

一度は自ら内定を受諾しておきながら、後になって辞退するのは社会人として問題です。
応募先企業に損失を与えることになりますので、多大な迷惑をかけることになります。


辞退されたことで、当落線上にあった他の応募者に連絡を取って内定を与えても、他の
会社からすでに内定をもらっている可能性があり、そうなると誰も採用できません。


必然的に新に募集をかけ直すことになります。また、すでに机やパソコンなどの備品を
購入してしまった場合、会社側から損害賠償を求められる可能性もあります!




■スケジュールを立てて転職活動する!

そういったことにならないためにも、内定を受諾する際には、徹底的に検討しましょう。
また、どうしても断らなければならないのであれば、すぐに連絡しましょう!。


第一志望の会社が最終段階にありながら、すでに他の会社から内定をもらっている場合、
第一志望の会社にかけてみるのも良いですが、しっかりと比較してみて下さい。


比較してみて遜色がないのであれば、先に内定が決まった会社に入社することをおススメ
します。また、そういった煩わしい思いをしないで済むように、予めスケジュールを管理
して転職活動を進めてください。そうすることで誰にも迷惑をかけずに済みます。




■転職活動は転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「 リクナビAGENT 」は、業種別に転職コンサルタントが転職に
関する様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職