忍者ブログ

お礼状の出し方について - 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

お礼状の出し方について



■お礼状で自己PRはNG!

面接が無事に終われば、後は結果を待つのみとなりますが、結果はどうあれ、お礼状を
送付してください。お礼状はあくまでも感謝の気持ちを伝えるためのものです。


面接が終わった後にお礼状を送付すれば、採用担当者が採用を決めるうえで有利に働き
かけてくれるということはありません。下手に色気を出すと顰蹙を買ってしまいます。


ですので、お礼状で自己PRは絶対に控えてください。




■お礼状は感謝の気持ちを伝えるもの

採用を決める上で当落線上に同レベルの応募者がいて、迷っているとします。そうした
場合、お礼状を送付した応募者の入社意欲を評価してくれる場合があります。


ですので、お礼状が全く効果がないというわけではないのですが、効果を求めすぎるの
は問題です。基本的にお礼状は必ず送付しなければならないものではありません。


あくまでも一社会人として感謝の意を伝えるためのものと考えて下さい。




■お礼状を出すタイミング

送付するタイミングですが、一次面接を終えた時点で送付します。必ず二次面接が始ま
る前に届くようにしてください。普通郵便よりも速達で送付する方が確実です!。


そして、二次面接、三次面接、最終面接と何段階かに分かれて面接が行われる場合も、
多少面倒に感じるかもしれませんが、毎回送付することをおススメします。


面接の内容も毎回異なるわけですから、それに合わせて送付する文面も変えて下さい!。
また、あて先についてですが、面接担当者の名前が分かれば面接担当者宛にします。


分からない場合は「採用担当者様」として送付します。面接時に面接担当者が複数いた
場合は、あて先は採用担当者にし、「面接担当者の皆様によろしくお伝えください」と
記入します。また、内定後のお礼状は迷わず決まった時点で速やかに送付して下さい。




■お礼状の書き方も転職サイトにおまかせ!

面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランク上の転職サイト「 リクナビAGENT 」は、業種別に転職コンサルタントが転職に
関する様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>


PR

コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職