忍者ブログ

就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

面接での回答と質問するさいの注意点とは?



面接は短い時間の中で応募者が自社の求める人材であるかを見極めるために定番質問から
始まります。定番質問は以下の4つの項目から構成されています。


それぞれの項目のに対して、どのように回答すれば良いかまとめてみました。




(1)職務経験


求人先が求めている実務能力と応募職種に関連した経験を裏付けと一緒にアピールします。
ここでいう裏付けとは、前職で経験した具体的な事例や実績のことをさします。



面接担当者は職務経歴書に記入した経歴要約から質問する可能性が高いです。回答は長く
ならないように注意しなければなりません。1分以内に収まるように心がけてください。




(2)退職理由


「職場環境が悪い」、「上司と合わない」といったネガティブな理由はマイナス評価され
るだけなので控えてください。実現できる範囲内の前向きな回答が好まれます。


理想は退職理由を志望動機とからめることです。「応募企業でしかできなことをやるため
に退職を決意」といった形で退職理由を説明するのと同時に志望動機をアピールします。




(3)志望動機


応募企業でしかできないことをやるために応募したことをアピールした上で、これまでの
職務経験を生かし、できるだけ短期間で戦力として貢献できるようになることを訴えます。




(4)自己PR


あれもこれもとアピールしようとすると時間がなくなるばかりか、面接担当者側からする
と応募者が何をアピールしたいのか分からなくなります。



ですので、まず先に結論を述べたうえで、これまでの経験上の事例と一緒にアピール
するわけですが、相手に理解してもらいやすいように、しっかりまとめてください。





■定番質問後の展開について


定番質問が終わると面接担当者は自身の判断が間違っていないか確認するために、より深く
切り込んだ質問を行います。終盤に近づいたところで労働条件などの確認が行われます。




(1)実務能力について確認


面接担当者に実務能力について問われた場合、重要なスキルであると判断して良いでしょう。
しっかりアピールすることで、求められる人材であることをアピールできます。





(2)管理能力について


管理能力が問われた場合は、求められれば誰に対しても仕事を教えるのが好きであることを
伝えたうえで管理職としてハードな仕事をやりきる覚悟があることをアピールします。




(3)キャリアプランについて


求人先でどのようなことを実現したいか、実現可能な範囲内でアピールします。




(4)労働条件などの確認


応募企業は採用を決めたら応募者に1日も早く新しい戦力として入社することを望んでます。
いつから働くことが出来るのか、あり程度明確な入社時期を伝えます。





■面接担当者に質問するさいの注意点


面接の場で求人情報に記載されている内容や面接担当者からすでに説明してもらった内容を
再度確認することは失礼にあたりますので控えてください!!


待遇面について確認したい場合は必ず面接担当者から「何か質問がありますか?」と問われ
たさいに尋ねて下さい。また、質問することがない場合は質問する必要はありません。





■面接対策も転職サイトにおまかせ!


面接には意外と知られていないルールが沢山ありますので、失敗しないためにも転職サイト
を利用し、面接での立ち振る舞い方を正しく指導してもらうと良いでしょう!。


ワンランクうえの転職サイト「 リクナビAGENT 」は、業種別に転職コンサルタントが転職に
関する様々なことをナビゲートしてくれるので働きながら転職活動する方にピッタリ!。


リクナビAGENTの公式サイト >>






PR
コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職・転職活動を成功させる就職・転職活動ネット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]
看護師 転職 相互リンク登録
就職 転職